ちょっと変わったオリジナルグッズあれこれ

自分で制作するオリジナルグッズ

実店舗に原稿データを持ち込んで、注文の依頼をすることができるお店もあります。ですがそれだけではなく、もし時間と技術を持っているならば、自分の手でグッズを制作することが出来るお店があります。
「同人誌印刷所おたクラブ」、「大須まにらぼ。」、「日光企画池袋同人工房」などがその主なお店です。
最初に身分証による会員登録をした後、おおよそ一時間300円ほどの利用料金で、店内にある、ペイントツールの入ったPCや各種印刷機器を使って、その場で自分でデザインもしくは持ち寄ったデータを印刷し、グッズにプリントする事ができます。
あらかじめデータがあるのならば、事前に入稿しておくのがいいでしょう。また、オフィシャルの関わるコンテンツ、元画像のあるトレースやキャプチャなどのデータ、肖像権や著作権を侵害しかねないものは、受け付けてもらえません。

食べ物のオリジナルグッズ

基本的に取り扱われている商品は、文房具系統やマグカップ、アクリルキーホルダーなどの小物がほとんどではありますが、中には一風変わった商品の特殊印刷を取り扱っているお店もあります。
緑陽社ではなんと、食べ物への特殊印刷も取り扱っています。
通常はパッケージやラベルへの印刷ですが、ラムネやマシュマロ、クッキーにどら焼きなどの表面に、入稿したデザインを印刷…というか焼き付けてくれます。
飴への特殊印刷も取り扱っていますが、これはもはや「印刷」ではなく、職人が一から手作りをした商品である為、形の歪みや色のブレが発生する可能性があり、サイトにも注意書きが載せられています。

ものがものである為、10個20個程度での発注は出来ません。100個単位での発注になることは注意しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る